OpenText

テキストファイルを分析して読み込みます。テキストファイルを1枚のシートとして、それを含む新しいブックを開きます。

構文
Workbooks.OpenText( FileName, Origin, StartRow, DataType, TextQualifier, ConsecutiveDelimiter, Tab, Semicolon, Comma, Space, Other, OtherChar, FieldInfo, TextVisualLayout, DecimalSeparator, ThousandsSeparator, TrailingMinusNumbers, Local )
引数
FileName
読み込まれるテキストファイルの名前を指定します。
Origin
テキストファイルの元のプラットフォームを指定します。XlPlatform定数。
StartRow
テキストの解析を開始する行番号を指定します。既定値は1です。
DataType
ファイルに含まれるデータの形式を指定します。
TextQualifier
文字列の引用符を指定します。
ConsecutiveDelimiter
連続した区切り文字を1文字として扱うときはTrueを指定します。既定値はFalseです。
Tab
引数DataTypeにxlDelimitedを指定し、区切り文字にタブを使うときはTrueを指定します。既定値はFalseです。
Semicolon
引数DataTypeにxlDelimitedを指定し、区切り文字にセミコロン(;)を使うときはTrueを指定します。既定値はFalseです。
Comma
引数DataTypeにxlDelimitedを指定し、区切り文字にコンマ(,)を使うときはTrueを指定します。既定値はFalseです。
Space
引数DataTypeにxlDelimitedを指定し、区切り文字にスペースを使うときはTrueを指定します。既定値はFalseです。
Other
引数Othercharで指定した文字を区切り文字として使用する場合は Trueを指定します(データ型はxldelimitedでなければなりません)。既定値はFalseです。
OtherChar
FieldInfo
TextVisualLayout
DecimalSeparator
ThousandsSeparator
TrailingMinusNumbers
Local
戻値