Add

構文
Workbooks.Add( Template )
引数
Template
戻値

プログラム実行例

セルに文字列を入力(A1形式)

DIM EXCEL = CREATEOLEOBJ("Excel.Application") EXCEL.Visible = TRUE ID = GETID("Microsoft Excel") CTRLWIN(ID, ACTIVATE) EXCEL.Workbooks.Add() EXCEL.Range("A1").Value = "UWSC" //EXCEL.DisplayAlerts = FALSE //EXCEL.Quit
解説
  1. 1-2行目
    DIM EXCEL = CREATEOLEOBJ("Excel.Application") EXCEL.Visible = TRUE
    Excelを起動する。
  2. 4-5行目
    ID = GETID("Microsoft Excel") CTRLWIN(ID, ACTIVATE)
    Excelをアクティブ化する。
  3. 7行目
    EXCEL.Workbooks.Add()
    新規ブックの作成。
  4. 8行目
    EXCEL.Range("A1").Value = "UWSC"
    セルA1に「UWSC」と代入。
  5. 10行目
    //EXCEL.DisplayAlerts = FALSE
    終了時に確認メッセージを表示しない。
  6. 11行目
    //EXCEL.Quit
    Excelを終了する。

セルに文字列を入力(R1C1形式)

EXCEL = CREATEOLEOBJ("Excel.Application") EXCEL.Visible = TRUE ID = GETID("Microsoft Excel") CTRLWIN(ID, ACTIVATE) EXCEL.Workbooks.Add() EXCEL.Cells(1, 1).Value = "UWSC" //EXCEL.DisplayAlerts = FALSE //EXCEL.Quit
解説
  1. 1-2行目
    EXCEL = CREATEOLEOBJ("Excel.Application") EXCEL.Visible = TRUE
    Excelを起動。
  2. 4-5行目
    ID = GETID("Microsoft Excel") CTRLWIN(ID, ACTIVATE)
    Excelをアクティブ化
  3. 7行目
    EXCEL.Workbooks.Add()
    新規ブックの作成
  4. 8行目
    EXCEL.Cells(1, 1).Value = "UWSC"
    A1セルに「UWSC」と代入する。
  5. 10行目
    //EXCEL.DisplayAlerts = FALSE
    確認メッセージを表示しない。
  6. 11行目
    //EXCEL.Quit
    Excelを終了する。

アクティブセルに文字列を入力する

DIM Excel = CREATEOLEOBJ("Excel.Application") Excel.Visible = TRUE Excel.Workbooks.Add() DIM Range = Excel.Application.ActiveCell SLEEP(1.000) Range.Value = "abc" SLEEP(3.000) Excel.Application.DisplayAlerts = FALSE Excel.Quit

アクティブシート名を取得する

DIM Excel = CREATEOLEOBJ("Excel.Application") Excel.Visible = TRUE Excel.Workbooks.Add() DIM Worksheet = Excel.Application.ActiveSheet PRINT Worksheet.Name Excel.Application.DisplayAlerts = FALSE Excel.Quit