Sheets

指定されたブックまたは作業中のブックにあるすべてのシートのコレクションです。

構文
引数
戻値

メソッド

Add
新しいワークシート・グラフ・またはマクロ シートを作成します。新しいワークシートがアクティブ シートになります。
Add2
Copy
Delete
FillAcrossSheets
Move
PrintOut
PrintPreview
Select

プロパティ

Application
Count
Creator
HPageBreaks
Item
Parent
Visible
VPageBreaks

プログラム実行例

指定したシートが存在するか

Sheet1〜Sheet5のシートが存在するか調べます。

存在しなければ「Excel.Sheets(SheetName)」でエラーを出すので、存在有無を確認できます。

DIM Excel = ExcelBoot()

FOR n = 1 TO 5
	TRY
		DIM SheetName ="Sheet" + n
		DIM Worksheet = Excel.Sheets(SheetName)
		PRINT SheetName + "は存在します"
	EXCEPT
		PRINT SheetName + "は存在しません"
	ENDTRY
NEXT

//////////////////////////////////////////////////
// 【引数】
//   path : 開くファイルのパス名 
// 【戻値】
//   Excelオブジェクト 
//////////////////////////////////////////////////
FUNCTION ExcelBoot(path = "")
	DIM Excel = CREATEOLEOBJ("Excel.Application")
	Excel.Visible = TRUE
	IFB path = "" THEN
		Excel.Workbooks.Add
	ELSE
		DIM FSO = CREATEOLEOBJ("Scripting.FileSystemObject")
		IFB FSO.GetParentFolderName(path) = "" THEN
			path = GET_CUR_DIR + "\" + path
		ENDIF
		Excel.Workbooks.Open(path)
	ENDIF
	RESULT = Excel
FEND
  1. udf.ExcelBoot(1)
  2. com.Excel.Sheets(6)
結果
Sheet1は存在します
Sheet2は存在します
Sheet3は存在します
Sheet4は存在しません
Sheet5は存在しません