Sheets

指定されたブックまたは作業中のブックにあるすべてのシートのコレクションです。

メソッド

<表示切り替え>(記事のあるページのみの表示・すべて表示を切り替えます)

Add
新しいワークシート・グラフ・またはマクロ シートを作成します。新しいワークシートがアクティブ シートになります。
Add2
Copy
Delete
FillAcrossSheets
Move
PrintOut
PrintPreview
Select

プロパティ

<表示切り替え>(記事のあるページのみの表示・すべて表示を切り替えます)

Application
Count
Creator
HPageBreaks
Item
Parent
Visible
VPageBreaks

プログラム実行例

指定したシートが存在するか

Sheet1〜Sheet5のシートが存在するか調べます。

存在しなければ「Excel.Sheets(SheetName)」でエラーを出すので、存在有無を確認できます。

DIM Excel = ExcelBoot()

FOR n = 1 TO 5
	TRY
		DIM SheetName ="Sheet" + n
		DIM Worksheet = Excel.Sheets(SheetName)
		PRINT SheetName + "は存在します"
	EXCEPT
		PRINT SheetName + "は存在しません"
	ENDTRY
NEXT

//////////////////////////////////////////////////
// 【引数】
//   path : 開くファイルのパス名 
// 【戻値】
//   Excelオブジェクト 
//////////////////////////////////////////////////
FUNCTION ExcelBoot(path = "")
	DIM Excel = CREATEOLEOBJ("Excel.Application")
	Excel.Visible = TRUE
	IFB path = "" THEN
		Excel.Workbooks.Add
	ELSE
		DIM FSO = CREATEOLEOBJ("Scripting.FileSystemObject")
		IFB FSO.GetParentFolderName(path) = "" THEN
			path = GET_CUR_DIR + "\" + path
		ENDIF
		Excel.Workbooks.Open(path)
	ENDIF
	RESULT = Excel
FEND
  1. ExcelBoot
  2. Excel.Sheets
結果
Sheet1は存在します
Sheet2は存在します
Sheet3は存在します
Sheet4は存在しません
Sheet5は存在しません