TextToColumns

セルに入力されているデータ(1つのセル内で、カンマ、スペース、タブなどで区切られたデータ)を、複数の列に区切ります。対象となる列は1列だけです。

構文
Range.TextToColumns( Destination, DataType, TextQualifier, ConsecutiveDelimiter, Tab, Semicolon, Comma, Space, Other, OtherChar, FieldInfo, DecimalSeparator, ThousandsSeparator, TrailingMinusNumbers )
引数
Destination
Rangeオブジェクトでの結果の表示先を指定します。 表示先に指定したセル範囲が複数セルである場合には、左上端のセルが使われます。
DataType
複数の列に区切るデータの形式を指定します。
TextQualifier
テキスト修飾子として、一重、二重、または引用符なしを使用するかどうかを指定します。
ConsecutiveDelimiter
Trueを設定すると、連続した区切り文字が1つの区切り文字として考慮されます。 既定値は False です。
Tab
Trueを指定すると、引数DataTypeはxlDelimitedで区切り文字がタブ文字です。既定値はFalseです。
Semicolon
Trueを指定すると、引数DataTypeはxlDelimitedで区切り文字がセミコロン(;)です。既定値はFalseです。
Comma
Trueを指定すると、引数DataTypeはxlDelimitedで区切り文字がコンマ(,)です。既定値はFalseです。
Space
Trueを指定すると、引数DataTypeはxlDelimitedで区切り文字がスペースです。既定値はFalseです。
Other
Trueを指定すると、引数DataTypeはxlDelimitedで区切り文字が引数OtherCharで指定した文字です。既定値はFalseです。
OtherChar
FieldInfo
区切り後の列のデータ形式に関する情報を持つ配列を指定します。解釈はDataTypeの値に依存します。
DecimalSeparator
Excelで数値を認識する場合に使う小数点の記号です。既定はシステム設定です。
ThousandsSeparator
Excelで数値を認識する場合に使う桁区切り記号です。既定はシステム設定です。
TrailingMinusNumbers
負記号で始まる数値です。
戻値