Offset

指定された範囲からオフセットした範囲を表すRangeオブジェクトを返します。

構文
Range = Range.Offset( [RowOffset], [ColumnOffset] )
引数
RowOffset(Variant
オフセットする範囲の行数(正、負、または0)を指定します。正の値は下方向、負の値は上方向のオフセットを表します。既定値は0です。
ColumnOffset(Variant
オフセットする範囲の列数(正、負、または0)を指定します。正の値は右方向、負の値は左方向のオフセットを表します。既定値は0です。
戻値

プログラム実行例

相対座標

DIM Excel = ExcelBoot()

WITH Excel.Range("E5")
	FOR r = -3 TO 3
		FOR c = -3 TO 3
			DIM Range = .Offset(r, c)
			Range.Value = "(" + r + ", " + c + ")"
			IF r = 0 AND c = 0 THEN Range.Value = "基準セル"
		NEXT
	NEXT
ENDWITH

//////////////////////////////////////////////////
// 【引数】
//   path : 開くファイルのパス名 
// 【戻値】
//   Excelオブジェクト 
//////////////////////////////////////////////////
FUNCTION ExcelBoot(path = "")
	DIM Excel = CREATEOLEOBJ("Excel.Application")
	Excel.Visible = TRUE
	IFB path = "" THEN
		Excel.Workbooks.Add
	ELSE
		DIM FSO = CREATEOLEOBJ("Scripting.FileSystemObject")
		IFB FSO.GetParentFolderName(path) = "" THEN
			path = GET_CUR_DIR + "\" + path
		ENDIF
		Excel.Workbooks.Open(path)
	ENDIF
	RESULT = Excel
FEND
結果