End

対象セル範囲の領域における終端のRangeオブジェクトへの参照を返します。「[End] + 矢印キー」を押す操作と同等です。

構文
Range = Range.End( Direction )
引数
Direction
移動する方向です。XlDirection定数。
戻値

定数一覧

XlDirection

名前説明
xlUp-4162上へ
xlToRight-4161右へ
xlToLeft-4159左へ
xlDown-4121下へ
CONST xlUp = -4162 CONST xlToRight = -4161 CONST xlToLeft = -4159 CONST xlDown = -4121

プログラム実行例

A列の最終行から上方向の終端セルを選択*

CONST xlUp = -4162 Excel.Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).Select

1行目の最終列から左方向の終端セルを選択*

CONST xlToLeft = -4159 Excel.Cells(1, Columns.Count).End(xlToLeft).Select

A1セルから右下方向の終端セルを選択*

A1セルが表の先頭であり空白データがない場合、表の右下のセルを選択できます。

CONST xlDown = -4121 CONST xlToRight = -4161 Excel.Range("A1").End(xlDown).End(xlToRight).Select