DataSeries

指定されたセル範囲に連続データを作成します。バリアント型(Variant)の値を使用します。

構文
Range.DataSeries( Rowcol, Type, Date, Step, Stop, Trend )
引数
Rowcol(XlRowCol
行または列にデータ系列を入力するには、xlRowsまたはxlCols定数を使用できます。この引数を省略すると、範囲のサイズと形が使用されます。
Type(XlDataSeriesType
連続データの種類を指定します。
Date(XlDataSeriesDate
引数Typeにxlchronologicalを指定すると、引数Dateは、ステップの日付単位を示します。XlDataSeriesDate定数。
Step
連続データの増分値です。既定値は1です。
Stop
連続データの停止値です。この引数を省略すると、対象セル範囲の終端まで繰り返されます。
Trend
対象セル範囲に入力されている値を直線(加算)または指数曲線(乗算)に当てはめて予測した結果で残りのセル範囲を埋めるには、Trueを指定します。標準の連続データを作成するには、Falseを指定します。既定値はFalseです。
戻値

定数一覧

XlRowCol

名前説明
xlRows1
xlColumns2
CONST xlRows = 1 CONST xlColumns = 2

XlDataSeriesType

名前説明
xlDataSeriesLinear-4132加算
xlGrowth2乗算
xlChronological3日付
xlAutoFill4オートフィル
CONST xlDataSeriesLinear = -4132 CONST xlGrowth = 2 CONST xlChronological = 3 CONST xlAutoFill = 4

XlDataSeriesDate

名前説明
xlDay1
xlWeekday2週日
xlMonth3
xlYear4
CONST xlDay = 1 CONST xlWeekday = 2 CONST xlMonth = 3 CONST xlYear = 4

連続データ

範囲…Rowcol
行…xlRows
列…xlCols
種類…Type
加算…xlDataSeriesLinear
乗算…xlGrowth
日付…xlChronological
オートフィル…xlAutoFill
増加単位…Date
日…xlDay
週日…xlWeekday
月…xlMonth
年…xlYear
データ予測
増分値…Step
停止値…Stop

プログラム実行例

日付の連続データを入力する*

A1セルに「2021/01/01」と入力し、行方向に1日ずつ加算し2021/12/31まで入力します。

A1セルに「2021/01/01」と入力し、[フィル]→[連続データの作成]で範囲を行、種類を日付、増加単位を日、増分値を1、停止値を2021/12/31と設定するのと同様です。

CONST xlCols = 2 CONST xlChronological = 3 CONST xlDay = 1 WITH EXCEL.Range("A1") .Value = "2021/01/01" .DataSeries(xlCols, xlChronological, xlDay, 1, "2021/12/31") .EntireColumn.AutoFit ENDWITH

2ヶ月毎の連続データを入力*

CONST xlColumns = 2 CONST xlChronological = 3 CONST xlMonth = 3 WITH EXCEL.Range("A1") .Value = "2021/01/01" .DataSeries(xlColumns, xlChronological, xlMonth, 2, "2021/12/31") .EntireColumn.AutoFit ENDWITH