AutoFit

範囲内の列の幅または範囲内の行の高さを変更して、最適な幅または高さにします。

構文
Range.AutoFit
引数
戻値

Rangeオブジェクトは行範囲または列範囲である必要があります。

EntireRowで行範囲、EntireColumnで列範囲にすることができます。

プログラム実行例

日付の連続データを入力する*

A1セルに「2021/01/01」と入力し、行方向に1日ずつ加算し2021/12/31まで入力します。

A1セルに「2021/01/01」と入力し、[フィル]→[連続データの作成]で範囲を行、種類を日付、増加単位を日、増分値を1、停止値を2021/12/31と設定するのと同様です。

CONST xlCols = 2
CONST xlChronological = 3
CONST xlDay = 1

WITH EXCEL.Range("A1")
	.Value = "2021/01/01"
	.DataSeries(xlCols, xlChronological, xlDay, 1, "2021/12/31")
	.EntireColumn.AutoFit
ENDWITH
  1. com.Excel.Range.Value(5)
  2. com.Excel.Range.DataSeries(6)
  3. com.Excel.Range.AutoFit(7)

2ヶ月毎の連続データを入力*

CONST xlColumns = 2
CONST xlChronological = 3
CONST xlMonth = 3

WITH EXCEL.Range("A1")
	.Value = "2021/01/01"
	.DataSeries(xlColumns, xlChronological, xlMonth, 2, "2021/12/31")
	.EntireColumn.AutoFit
ENDWITH
  1. com.Excel.Range(5)
  2. com.Excel.Range.Value(6)
  3. com.Excel.Range.DataSeries(7)
  4. com.Excel.Range.EntireColumn(8)
  5. com.Excel.Range.AutoFit(8)