AutoFill

指定された対象セル範囲内のセルに対してオートフィルを実行します。

構文
Range.AutoFill( Destination, Type )
引数
Destination
オートフィルの書き込み先になるRangeオブジェクトを指定します。基準となるデータの入ったセル範囲も含むようにします。
Type
オートフィルの種類を指定します。
戻値

定数一覧

XlAutoFillType

名前説明
xlFillDefault0Excel が決定(既定値)
xlFillCopy1値と形式
xlFillSeries2連続する数値
xlFillFormats3書式のみ
xlFillValues4値のみ
xlFillDays5曜日名
xlFillWeekdays6平日の名前
xlFillMonths7
xlFillYears8
xlLinearTrend9加算による連続データ
xlGrowthTrend10乗算による連続データ
xlFlashFill11前のユーザーアクションの検出された
パターンに基づいた値(Excel 2013 以降)
CONST xlFillDefault = 0 CONST xlFillCopy = 1 CONST xlFillSeries = 2 CONST xlFillFormats = 3 CONST xlFillValues = 4 CONST xlFillDays = 5 CONST xlFillWeekdays = 6 CONST xlFillMonths = 7 CONST xlFillYears = 8 CONST xlLinearTrend = 9 CONST xlGrowthTrend = 10 CONST xlFlashFill = 11

プログラム実行例

1〜12月の連続データを作成*

WITH EXCEL.Range("A1") .Value = "1月" .AutoFill(.Resize(12)) ENDWITH