Address

参照範囲を表す文字列型(String)の値を返します。

構文
Range.Address( RowAbsolute, ColumnAbsolute, ReferenceStyle, External, RelativeTo )
引数
RowAbsolute
ColumnAbsolute
ReferenceStyle
External
RelativeTo
戻値

定数一覧

XlReferenceStyle

名前説明
xlR1C1-4150R1C1形式
xlA11A1形式
CONST xlR1C1 = -4150 CONST xlA1 = 1

プログラム実行例

セルの位置を取得*

現在選択されているセル情報を取得します。Book1シートのA1セルが選択されている状態で実行しています。

CONST xlA1 = 1 CONST xlR1C1 = -4150 WITH Excel.Application.Selection PRINT "絶対参照<#TAB>" + .Address PRINT "絶対参照(行)<#TAB>" + .Address(TRUE, FALSE) PRINT "絶対参照(列)<#TAB>" + .Address(FALSE, TRUE) PRINT "相対参照<#TAB>" + .Address(FALSE, FALSE) PRINT "R1C1形式<#TAB>" + .Address(TRUE, TRUE, xlR1C1) PRINT "外部参照<#TAB>" + .Address(TRUE, TRUE, xlR1C1, TRUE) ENDWITH
結果
絶対参照 $A$1
絶対参照(行) A$1
絶対参照(列) $A1
相対参照 A1
R1C1形式 R1C1
外部参照 [Book1]Sheet1!R1C1