Range

タグ:
構文
Range = Application.Range( Cells1, [Cells2] )
引数
Cells1
範囲を指定します。範囲名には、範囲を表す演算子「:」、共通部分を表すスペース「 」、または複数の範囲を表す演算子「,」を使うことができます。
Cells2
セル範囲の左上隅と右下隅のセルを指定します。
戻値
Rangeオブジェクト

プログラム実行例

セルに文字列を入力(A1形式)

DIM EXCEL = CREATEOLEOBJ("Excel.Application")
EXCEL.Visible = TRUE

ID = GETID("Microsoft Excel")
CTRLWIN(ID, ACTIVATE)

EXCEL.Workbooks.Add()
EXCEL.Range("A1").Value = "UWSC"

//EXCEL.DisplayAlerts = FALSE
//EXCEL.Quit
  1. script.function.CREATEOLEOBJ(1)
  2. com.Excel.Application.Visible (2)
  3. script.function.GETID(4)
  4. script.function.CTRLWIN(5)
  5. com.Excel.Workbooks.Add(7)
  6. com.Excel.Application.Range(8)
  7. com.Excel.Range.Value(8)
  8. com.Excel.Application.DisplayAlerts(10)
解説
  1. 1-2行目
    DIM EXCEL = CREATEOLEOBJ("Excel.Application")
    EXCEL.Visible = TRUE
    
    Excelを起動する。
  2. 4-5行目
    ID = GETID("Microsoft Excel")
    CTRLWIN(ID, ACTIVATE)
    
    Excelをアクティブ化する。
  3. 7行目
    EXCEL.Workbooks.Add()
    
    新規ブックの作成。
  4. 8行目
    EXCEL.Range("A1").Value = "UWSC"
    
    セルA1に「UWSC」と代入。
  5. 10行目
    //EXCEL.DisplayAlerts = FALSE
    
    終了時に確認メッセージを表示しない。
  6. 11行目
    //EXCEL.Quit
    
    Excelを終了する。
-PR-

セルの指定例

入力例 説明
Range(“A1”) セルA1
Range(“A1,B2”) セルA1とセルB2
Range(“A1:B2”) セル範囲A1:B2
Range(“A1”, “B2”) セル範囲A1:B2
Range(“A1:B2,C3:D4”) セル範囲A1:B2とセル範囲C3:D4
Range(“1:3”) 行1~行3
Range(“A:C”) 列A~列C