Goto

ブック内の任意のVisual Basicプロシージャを選択し、まだアクティブではない場合は、そのブックをアクティブにします。

構文
Application.Goto( Reference, Scroll )
引数
Reference
移動先を指定します。Rangeオブジェクト、R1C1スタイル表記のセル参照を含む文字列、またはプロシージャ名を含む文字列Visual Basicできます。この引数を省略すると、移動先は、直前にGotoメソッドを使ったときのセル範囲になります。
Scroll
移動先セル範囲の左上端がウィンドウの左上端に表示されるようにウィンドウをスクロールするには、 True を指定します。ウィンドウをスクロールしないようにするには、Falseを指定します。既定値はFalseです。
戻値