ConvertFormula

数式内のセル参照を、A1とR1C1の参照スタイル間、相対参照と絶対参照の間、または両方の間で変換します。

構文
Application.ConvertFormula( Formula, FromReferenceStyle, ToReferenceStyle, ToAbsolute, RelativeTo )
引数
Formula
変換する数式を含む文字列。必ず有効な数式を指定し、数式の先頭には等号(=)を付けてください。
FromReferenceStyle
変換前の参照形式を指定します。XlReferenceStyle。
ToReferenceStyle
返す 参照スタイルを指定するXlReferenceStyleの定数。この引数を省略すると、参照形式は変更されず、引数FromReferenceStyleで指定された形式が使用されます。
ToAbsolute
変換された参照 の種類を指定するXlReferenceTypeの定数。この引数を省略すると、参照の種類は変更されません。
RelativeTo
1つのセルを含むRangeオブジェクトを指定します。このセルは、相対参照の基点となります。
戻値

定数一覧

XlReferenceStyle

名前説明
xlR1C1-4150R1C1形式
xlA11A1形式
CONST xlR1C1 = -4150
CONST xlA1 = 1

XlReferenceType

名前説明
xlAbsolute1行と列が絶対参照のスタイルに変換します。
xlAbsRowRelColumn2行が絶対参照で列が相対参照のスタイルに変換します。
xlRelRowAbsColumn3行が相対参照で列が絶対参照のスタイルに変換します。
xlRelative4行と列が相対参照のスタイルに変換します。
CONST xlAbsolute = 1
CONST xlAbsRowRelColumn = 2
CONST xlRelRowAbsColumn = 3
CONST xlRelative = 4

  1. CONST xlA1 = 1
    CONST xlR1C1 = -4150
    
    Excel.ConvertFormula(“=SUM(B6:E8)”, xlA1, xlR1C1)
    結果
    =SUM(R[5]C[1]:R[7]C[4])
  2. CONST xlA1 = 1
    CONST xlR1C1 = -4150
    
    Excel.ConvertFormula(“=SUM(R[3]C[2]:R[4]C[6])”, xlR1C1, xlA1)
    結果
    =SUM(C4:G5)