COMオブジェクト

COM(Component Object Model)とは、マイクロソフト(Microsoft)社が提唱していた、ソフトウェアの機能を部品化して外部から呼び出して利用する仕組みを定めた技術のことです。UWSCでは「CREATEOLEOBJ( COMオブジェクト名 )」で呼び出し利用することができます。

InternetExplorerオブジェクト
Internet Explorerを操作を行うオブジェクトです。
Shellオブジェクト
Windowsのシェル(エクスプローラ)の機能を呼び出します。
CDOオブジェクト
メールの送信をするオブジェクトです。
FileSystemObjectオブジェクト
コンピューターのファイル システムへのアクセスを提供します。
WshShellオブジェクト
プログラムの実行や環境変数の操作、レジストリの操作等、OSに対する処理を行うオブジェクトです。
Excelオブジェクト
Excelを操作するオブジェクトです。
Wordオブジェクト
Wordを操作するオブジェクトです。
Outlookオブジェクト
Outlookを操作するオブジェクトです。

この記事は役に立ちましたか?
役に立った 役に立たなかった